中央管理センターでは、対応指揮をとる幹部社員と専門技術者が常駐。トラブル時には即時決断を下し各所へ指示を出しています。

都内複数カ所のビルに、各エリアの責任者となる専門知識を持った当社社員を配置。トラブル発生時には現場責任者として各ビルへ駆付けます。

各オフィスビルにはスタッフを配置。トラブル発生時には周辺の各ビルから応援が駆付けます。

住友不動産は26棟のオフィスビルで認証を取得(2021年11月現在)。環境配慮や建築性能だけでなく、高い危機対応能力、充実の管理体制が評価されています。

[ AED・応急救護訓練 ] 多くのビルにAEDを設置、スタッフがAEDの取扱い訓練を受講しています。また、三角巾の使用法や担架の搬送方法など、応急救護の訓練も実施しています。

[ 総合防災訓練 ]全棟合同で年6回の大規模訓練を実施。様々な被害パターンを想定し、被害情報の管理や指示方法について実践的な訓練を実施しています。

[ ビル個別訓練 ] 各オフィスビルではテナントの皆様にもご参加いただき、年1回以上の消防訓練を実施。また、各自治会とも協力して合同訓練を実施しています。

※掲載の内容はイメージです。

※掲載の内容は、全ての災害・事故・トラブル等における対応を保証するものではありません。

※掲載の内容は自社ビルの全てに採用されているものではありません。